草加氷川幼稚園の教育方針

 
一人一人の子どもたちにとって、一生に一度しかない大切な幼児期。子どもたちを取り巻く社会環境の変化や発達の段階を踏まえて、心情・意欲・態度を友だちや先生と一緒に幼稚園生活の中から、自己を形成し生きる力の基礎を育成することを目指しています。そして、様々な活動、遊び、ふれあいを通し、氷川幼稚園の教育目標の達成に日々努めております。
    .    
        教 育 目 標
         1.明るくのびのびとした子
         2.やさしい豊かな心の子
         3.考える子
         4.規律正しい子

Humanity

    Language

   言葉(視聴覚教育)


 言語を読むこと書くためには、聞く力、話す力が大切です。パネルシアター・子どもたちの大好きな大型絵本、約500冊数種類からなる豊富な紙芝居、ビデオ、映写機などを活用し見たり聞いたりする態度を身につけ、感じたり・考えたり・想像する力そして、友だちと共に感動できるような体験を大切にしています。

見えないものを見る力」

「本格的な学習に入る前に、育てておきたい学びの根っこがあります。」その根っことは、
いろいろな遊びや体験を通してイメージする力(想像力)を、養うことと考えます。

間
人
Health

   健康(体育指導)

 のびのびと楽しく運動するとともに規律も平衡して指導しています。年齢に合った計画から体を動かせる芽をのばし心と体を育てていきます。園庭にある遊具は「あそび」の中から子どもたちの体力づくりに役立てております。
Expression

  表現(音楽リズム指導)


 音楽に親しんで歌を歌ったり楽器をひいたりして喜びや楽しさを味わうことは子どもたちの心の栄養です。リード合奏やリトミック、マーチングを通し豊かな感性、協調性、集中力を身につけるとともに我慢する力も学びます。この大切な幼児期にたくさんの友だちとの生活の中で、経験し学び、育てております。
Environment

  環境(自然観察教育)


 幼稚園に隣接するよいこの農園で土に触れ、色々な植物を栽培し、成長の変化から観察することで、収穫の喜びをより多く体験しています。また、園庭内には、100本以上の様々な木々があり身近な場所で季節の変化を感じたり自然に触れたりしています。子どもたちにとって、たくさんの*自然の存在*はかかすことのできない教育環境だと考えております。
Copyright (c) 2009, Soka Hikawa Kindergarten All Rights Reserved.
草加氷川幼稚園
係
関